1. ホーム
  2. 準デジタルアーキビスト資格取得講座


「準デジタルアーキビスト資格取得講座」を実施しています

    2020年度は下記の日程で準デジタル・アーキビスト資格取得講座(社会人対象)を実施します。
  • 2020年7月12日(日)(e-ラーニング開催)
  • 2020年10月18日(日)2020年10月4日(日)
  • 2021年2月7日(日)

準デジタル・アーキビストとは

基本的なデジタルアーカイブ制作能力のある者
文化・産業資源等に対し、情報の収集・登録・保存・管理・流通等の知識に加え権利処理等の能力をもち、情報提供等に責任をもって対処できる人材。
資格取得者数
5,898名(2020年3月31日現在)
資格取得のメリット
  1. 情報化社会において増大するデジタルデータを適切に扱うために必要な能力や技術を身に付けることが出来る。
  2. 情報の記録・保存・管理・利用についてだけではなく、著作権など知的財産権、肖像権、個人情報保護に配慮した体系的な通信・ネットワーク・セキュリティなど、ITに関する要素を理解する能力、操作する能力が身に付くと共に、インターネット活用が手軽になりそのリスク管理が重要視される現場で必要となるスキルを身に付けることが出来る。
  3. 資格を取得したことにより、メタデータ(目録データ)の構成、多様なデジタル撮影の方法、デジタル化して資料の公開・利活用の方法が的確に行えることが出来る。
  4. 企業・博物館・図書館などの入札条件としてデジタル・アーキビスト資格者の所属が求められる。
現在、たくさんのデジタル・アーキビストが、博物館、図書館、教育機関、自治体、企業等でご活躍しています。
忙しい社会人の方に向けた、1日間のプログラムです。ぜひご参加ください。

次回開催分のお申込み
    こちらからお申込みください

掲載:2020.2.28
変更:2020.6. 4